レポート

第18回きさいや南予CDEセミナー報告

[地区便り] 2019年09月20日
第18回きさいや南予CDEセミナー報告

JCHO宇和島病院 栄養管理室 久保田紀江

 第18回きさいや南予CDEセミナーが2019年6月12日(水)JCHO宇和島病院にて開催されました
 今回のセミナーは、松山市民病院 糖尿病・内分泌内科 部長 新谷哲司先生による教育講演とJCHO宇和島病院 理学療法士 西川昭彦先生による一般演題という内容でした。
 教育講演は、「糖尿病患者さんの治療満足度を上げるためのテクニック ~よりよい糖尿病療養支援を行うために~」というテーマのもと、“糖尿病を抱えて生活すること 糖尿病の管理は糖尿病患者にとって問題である”というDAWNスタディの話から始まりました。実際、松山市民病院入院患者の抑うつ度の調査結果をもとに適切な教育が必要であることの話がありました。また医学と糖尿病学は違うということ。指導にはコーチングが有効であり、コーチング流タイプ分けを知ってアプローチすると上手くいくを参考に、タイプ別に具体的な指導方法を教えて頂きました。

 

 一般演題は、「糖尿病に対する水中運動療法 ~当院プールでの取り組み~」というテーマのもと、整形外科疾患を合併した糖尿病患者に対する水中運動療法の症例提示とプールを使用した水中運動療法の紹介がありました。

 よってきさいやCDEでは、市立宇和島病院 管理栄養士 清水さゆりさんに愛媛糖尿病療養指導士を取得しようと思ったきっかけや実際の試験においての面接の様子などの話を交えながら、愛媛糖尿病療養指導士を取得するまでの流れが分かる内容でした。
 今後も多職種に参加して頂き、適切な糖尿病療養指導が行える仲間が集うセミナーにしていきたいと思いま

 

連絡先 〒791-0295 愛媛県東温市志津川 愛媛大学医学部糖尿病内科内 (FAX:089-960-5848)
© Ehime Certified Diabetes Educator (ECDE) All rights reserved.