お知らせ

第12回きさいや南予CDE研修会報告

[地区便り] 2016年08月19日

JCHO宇和島病院 看護師 椙山美千代

 平成28年6月30日(木)に第12回きさいや南予CDE研修会がJCHO宇和島病院で開催され、85名の参加がありました。
まずは、世話人代表、市立宇和島病院、理学療法士、松本源吾さんより挨拶がありました。これまで代表を務めていた市立宇和島病院、食養科長、藤井文子さんからバトンタッチしました。

 教育講演は「より効果的な糖尿病診療連携を目指して~松山市民病院DM連携Circleの取り組み~」と題して、松山市民病院内科(糖尿病・内分泌)部長、新谷哲司医師をお招きし、ご講演いただきました。新谷医師は宇和島社会保険病院(現JCHO宇和島病院)に2年間勤務され、言わば、里帰り講演会とでも言いましょうか、懐かしい話も出て、あっという間の1時間でした。講演の中で松山市民病院での地道な活動を紹介され、糖尿病診療連携においては、「二人主治医制」を推進し、開業医の先生方とも綿密な連携をとられていることが印象的でした。連携は紹介状だけのやり取りだけでなく、新谷医師が自ら開業医に足を運ばれ、まずは医師同士が顔の見える関係作りをしてから、患者様に勧めるといったやり方で推進されており、これなら患者様も安心して連携病院にかかることができると思いました。また、Facebookや松山市民病院糖尿病・内分泌グループファンページを立ち上げて、親しみやすい方法で情報伝達をされたりと多彩な活動の紹介がありました。私もさっそく、ファンページを閲覧させていただきました。

 続いて、地域連携の取り組みの活動報告が3題ありました。①認知症&糖尿病の在宅支援について 宇和島市立津島病院 社会福祉士 沼田 侑さん ②包括ケア病棟退院指導の実際 JCHO宇和島病院 看護師 中川彩さん ③西予市立野村病院 糖尿病認定看護師 二宮里佳さん 3病院からの報告でした。今回、初めて社会福祉士からの発表があり、CDEの広がりを感じました。

 よってきさいやCDEでは、市立宇和島病院の管理栄養士 赤松貴代さんからCDE取得に向けて取り組んだ様子を聞かせて頂きました。この発表によって刺激され、取得しようと決心された方もいたのではないでしょうか。
最後に世話人副代表のJCHO宇和島病院 臨床検査技師 坂本小百合さんからの挨拶があり、無事に会を終えることができました。



お知らせメニュー

連絡先 〒791-0295 愛媛県東温市志津川 愛媛大学医学部看護学科内 (FAX:089-960-5400)
© Ehime Certified Diabetes Educator (ECDE) All rights reserved.