お知らせ

※再通知 【2018/07/20】
第37回松山CDEオープンカンファレンスのご案内

[お知らせ] 2018年07月01日
謹啓
 時下、皆様におかれましては益々御清栄の事とお喜び申し上げます。
 この度、下記の要領にて糖尿病療養指導士(CDE)の育成、レベルアップを目的とした講演会を開催いたします。御多忙の事とは存じますが、御出席賜りますようお願い申し上げます。

謹白


   日時:平成30年7月20日(金)18:45~21:00
   場所:ひめぎんホール3F 第8会議室
      松山市道後町2丁目5番1号
      TEL:089-923-5111

 

テーマ:「SMBGとFGMを患者支援にうまく活用しよう」
  (FGM:フラッシュグルコースモニタリングシステム)

18:45~19:00
    【製品説明】「 糖尿病最近の話題 」
             MSD 株式会社 医薬情報担当者

    司会進行 愛媛県立中央病院 栄養部 山本 真吾
          愛媛県立中央病院 看護部 兵頭 佳代子

 

19:00~19:05
  【 開会のあいさつ 】
     松山赤十字病院 内科 部長  近藤 しおり 先生

19:05~19:35
  【 講演 】

     「SMBG、FGMについて~実際の事例をもとに~」

        演者:愛媛県立中央病院 糖尿病内分泌内科
             部長 明坂 和幸 先生

19:35~20:20
   1.「SMBGを医療現場で使用する際の注意点
      ~今までの事例・検証データをもとに~」

      演者:愛媛県立中央病院
            臨床検査技師 小林 知子 先生

   2.「当院のリブレの運用と指導時の注意点」

      演者:愛媛県立中央病院
            看護部  兵頭 佳代子 先生

   3.「当院のリブレデータの分析結果」

      演者:愛媛県立中央病院
            臨床検査技師  紙田 晃 先生

20:20~20:45
  【 ディスカッションとQ&A 】
     『SMBG、FGMについての悩みを解決しよう』]

20:45~20:50
      病院薬剤師会より腎症重症化予防説明書について

20:50~21:00
      まとめとお知らせ

参加費:医師 1000 円 コメディカル 500 円

*この研修会は以下の認定研修単位が認定されております。(申請中)
  日本糖尿病療養指導士認定研修[第2群]0.5 単位
  愛媛糖尿病療養指導士認定研修として1単位
  日本薬剤師会研修センター生涯教育1単位(選択制)
  日本病院薬剤師会認定薬剤師制度 (Ⅲ-1)1単位(選択制)
  日本臨床衛生検査技師会生涯教育専門20点
  日本栄養士会生涯教育研修振替認定0.5単位

*まことに申し訳ございませんが本会におきましては、弊社による
 旅費の負担ができませんことをご了承ください。

*軽食のご用意がございます。つきましては先生の所属するご施設
 の院内規定等をご確認いただき、必要な手続き等がありましたら
 お取りくださいますようお願い申し上げます。


<共催>
 松山CDE研修会
 愛媛県病院薬剤師会
 愛媛県薬剤師会
 松山薬剤師会
 愛媛県栄養士会
 愛媛県臨床検査技師会
 MSD株式会社
 (順不同)

お知らせメニュー

連絡先 〒791-0295 愛媛県東温市志津川 愛媛大学医学部看護学科内 (FAX:089-960-5400)
© Ehime Certified Diabetes Educator (ECDE) All rights reserved.