お知らせ

【2018/11/18】愛媛県保険医協会 第 38 回定期総会記念講演
糖尿病栄養学のパラダイムシフト

[お知らせ] 2018年10月04日

愛媛県保険医協会 第 38 回定期総会記念講演

「 糖尿病栄養学のパラダイムシフト 」

   開催日:11 月 18 日(日) 15:00 ~ 17:00
   会 場 :松山市総合福祉センター 1階 大会議室
      松山市若草町 8 番地2 ℡089-921-2111

   対 象 医療従事者 : 参加費無料

*** 講師紹介 ***

山田 悟(やまだ さとる)先生
北里大学北里研究所病院 糖尿病センター長。
医学博士。内分泌・代謝内科部長、糖尿病センター長、予防医学センター長、予防医学科部長、人間ドック科部長、透析センター長、医療社会事業部部長、医療福祉相談室長、医療連携室長。日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本糖尿病学会糖尿病専門医・指導医・研修指導医、日本糖尿病協会療養指導医、日本医師会認定産業医。

メッセージ

「科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン」では、摂取エネルギーの決定において、軽作業の人では標準体重あたり25~30Kcal が推奨されている。摂取成分量については、指示エネルギーの 50~60%を炭水化物で摂取するよう推奨されている。
しかし、エビデンスレベル A(コンセンサス)であり、何らかの文献を参照しているわけでもない。
一方、糖質制限食は、血糖・体重・脂質・血圧を改善できると証明されている。
糖質制限食の第一人者である北里大学の山田先生をお迎えして、「糖尿病栄養学のパラダイムシフト」の講演をしていただけることになりました。ふるってご参加ください。

      愛媛県保険医協会 副会長 吉田克己

主な著書

『緩やかな糖質制限 ロカボで食べるとやせていく』
(幻冬舎単行本)
『糖質制限の真実 日本人を救う革命的食事法ロカボのすべて』 (幻冬舎新書)
『忙しい人こそ知っておきたい 糖尿病がわかる本』
(法研)など著書多数。
2018 年 1 月 22 日発売

*この研修会は以下の認定研修単位を申請しております。

日本糖尿病療養指導士認定研修[第2群]0.5 単位
愛媛糖尿病療養指導士認定研修として 1 単位
日本薬剤師研修センター 1単位(選択制)
JPALS 研修会コード:38-2018-0058-101
日本病院薬剤師会認定薬剤師制度 1 単位(Ⅴ-2 疾患)(選択制)
日本栄養士会生涯教育研修振替認定 0.5 単位

主催: 愛媛県保険医協会 愛媛県松山市千舟町 4 丁目 1-5 TEL089-989-2511
共催: 愛媛県病院薬剤師会 愛媛県薬剤師会 松山薬剤師会
   愛媛県栄養士会 愛媛県臨床検査技師会 (順不同)



主 催 愛媛県保険医協会
TEL089-989-2511 FAX089-989-2711

☟ 参加申し込みは裏面の申込書を FAX してください ☟
【申込締切日:11/11】

 



※参加申込書

お知らせメニュー

連絡先 〒791-0295 愛媛県東温市志津川 愛媛大学医学部看護学科内 (FAX:089-960-5400)
© Ehime Certified Diabetes Educator (ECDE) All rights reserved.